People > チーフスタイリスト 松元香里

【写真】松元香里

Mother / Chief Stylist

松元 香里Kaori Matsumoto

2012年入社 / LIVE LOVE LAUGH チーフスタイリスト

【写真】サロンでの様子

ママになっても「戻ってきたい」と思えました。

妊娠が分かったとき、お仕事に対する不安や心配は不思議な程無く、「また戻ってきたい」とごく自然に感じている自分がいました。きっとそれは、LIVE LOVE LAUGHに先輩ママが居たり、周りのスタッフみんなの心強いサポートがあったり、社内に託児所があったり・・・と、本当に恵まれた環境にいたからだと、今は感じています。産休・育休を経て、現在は週に1度、土曜日のみという働き方をしていますが、それまでと何も変わらない居心地の良さと、家庭との両立を応援してくれる温かい仲間が居ます。子育てをしていると、家にこもりっきりなので、仕事で集中をしたり、スタッフと話をしたりする時間が、生活の良いメリハリにもなっています。

安心して、任せられるスタッフがいます。

結婚をした後も、ずっと全力で仕事をしてきたので、“子どもが出来て、仕事から離れる時間”というのは、全く想像がつきませんでした。でもいざ産休に入ってみると、ゆっくりと過ぎていく毎日もとても新鮮でした。里帰り出産だったので、実家に戻って家族と過ごす時間が多かったのですが、こんなに色々な話をしたのは7,8年ぶりだったかもしれません。とても良い時間になりました。そんな経験が出来たのも、信頼しているみんながいたからこそだと思っています。お休みの間もスタッフがこまめに連絡をくれていたので、お仕事が出来ないことへの不安も全く無く、安心してスタッフにお任せしていました。とても感謝しています。


Q &A

【写真】マタニティ
【写真】キッズ

Q:結婚・出産を経て、変化はありましたか?

これまでも、お仕事の中で出会ってきたお客様1組1組には特別な想いがありましたが、自身の経験を経て、“結婚式”という1日がより特別な日だと感じるようになりました。お客様の人生において、他に代えることのできない日だからこそ、身の引き締まる想いでお仕事に向かっています。また、子どもが出来てからは、毎日の時間が自分だけのものではなくなった分、限られた時間の中でお仕事をする、という意識が強くなったように感じます。現在は時短勤務でお仕事をさせて頂いているので、与えられている時間は大切に使いたいと思っています。

Q:これから結婚・出産を迎えるスタッフに向けて

とにかく、「何も心配せず、産休に入ってね」と伝えてあげたいですね。 LIVE LOVE LAUGHには、お休みをとった後でも、しっかりと戻ってこられる環境があるし、出産に向けた福利厚生面はもちろん、LIVE LOVE LAUGHオフィスの目の前にある社内託児所は本当に安心です。自身が経験したことで、サポートしてくれる環境や、スタッフの温かさを身を持って感じたので、これからはその感謝をお返ししていきたいですね。

Q:これからの夢、目標

家族との時間ももちろん大切にしていきたいですが、大好きではじめたお仕事なので、子どもが生まれた今も、これまでの自分と同じようにお仕事がしたいと思っています。限られたお仕事だけに取り組むのではなく、今よりもさらにステップアップを目指して「ママでも、お仕事でも、両方で輝けるんだ!」ということを見せられたらと思っていますし、スタッフが自分の未来の働き方を想像出来るようなお手本になりたいと思っています。

― 経歴 ―

2012年8月
中途入社 ドレススタイリスト配属
2013年4月
LIVELOVELAUGH横浜店 立ち上げ
2014年
チーフスタイリスト就任
2015年9月
LIVELOVELAUGH横浜店 店長就任
2016年
上半期ベストプロセス賞 受賞
2016年6月
ミラノ買付同行
2017年4月
産休・育休
2017年11月
復帰

― 入社動機 ―

“日常よりも非日常を彩る仕事に就きたい”という思いから、新卒でLIVE LOVE LAUGHの運営母体であるBPを第一志望としていたが、その際は縁が無く、ホテル業界へ進むことに。バーテンダー、レストランを経験後に仙台へ転勤。宿泊の担当として約4年間勤務。 その時期、東日本大震災を現地で経験したことをきっかけに、自分の本当にやりたいことを見つめ直し、もう1度ウエディング業界を目指すことに。新卒の就職活動時代から、人の魅力を強く感じていたBPでLIVE LVE LAUGHオープンの話を知り、ドレススタイリストとして入社。立ち上げを経験後、チームリーダーを経て3年目には店長へ抜擢。 その後、結婚・出産を経て、一児の母となった今も変わらず活躍している。

ページの先頭に戻る

本ウェブサイトはJavaScriptを使用し構築されています。
JavaScriptがご使用になれない環境やJavaScriptを無効にしている状態では本ウェブサイトが正しく表示されない場合がありますのであらかじめご了承ください。