People > タキシードスタイリスト 吉川和輝

【写真】吉川和輝

Tuxedo Stylist

吉川 和輝Kazuki Yoshikawa

2014年入社 / タキシードスタイリスト

【写真】接客風景

「楽しかったです!」と笑顔でお帰りになる姿

私の仕事のやりがいは、新郎様を格好よくコーディネートして、満足してお帰り頂けたとき。試着する前は「自分は脇役だから…」と控えめの新郎様も、試着を進めるうちにテンションが上がってきて、コーディネートへのこだわりやご希望をいただけるようになっていきます。お見送りの時に「楽しかったです!」と笑顔でお帰りになる姿を見て、私自身とても喜びを感じます。

お客様の“笑顔”や“幸せ”をより多く創造できる理由。

LIVE LOVE LAUGHは、お客様が結婚式を挙げる各会場を熟知しています。それは、運営母体のブライダルプロデュースが持つ自社会場があるからです。一般的に、お衣装選びをするスタイリストは、お客様から会場の雰囲気をお伺いしながら、その会場をイメージし、合うお衣装をご提案しています。しかし、LIVE LOVE LAUGHのスタイリストは、会場のコンセプトや特徴を自身の目でみて、肌で感じて、理解しているからこそ、よりお客様のパーティーイメージに近いお衣裳をご提案できます。


Q &A

【写真】スタッフとの打ち合わせの様子

Q:LIVE LOVE LAUGHの好きなところは?

2年目の私でも、責任ある役割を任せてもらえるところです。こんなにも早く様々な仕事を任せてもらえるなんて、入社前には想像もしていませんでした。プレッシャーはあるけれど、“自分のことを信じて任せてもらえる”、このことが、すごく嬉しくて、“もっともっとチャレンジしたい”そんな風に思っています。

Q:LIVE LOVE LAUGHならではと感じることは?

よりお客様のパーティイメージに近いお衣装をご提案できることです。LIVE LOVE LAUGHは、お客様が結婚式を挙げる各会場を熟知しています。それは、運営母体のブライダルプロデュースが持つ自社会場があるからです。一般的に、お衣装選びをするスタイリストは、お客様から会場の雰囲気をお伺いしながら、その会場をイメージし、合うお衣装をご提案しています。しかし、LIVE LOVE LAUGHのスタイリストは、会場のコンセプトや特徴を自身の目でみて、肌で感じて、理解しているからこそ、よりお客様のパーティイメージに近いお衣装をご提案できるんです。また、自社会場が実施している“サンクスパーティ(OBOGの方をご招待しているお食事会)”にて、結婚式後にお客様に会う機会もあり、LIVE LOVE LAUGHならではの幸せな瞬間だと思います。

Q:将来の夢は?

タキシードスタイリストとしてだけではなく、衣裳の準備やメンテナンスをするアトリエ現場にも携わり、店舗全体を管理できるようなリーダーになることです!

― 経歴 ―

2014年4月
タキシードスタイリスト配属
2015年5月
トレーナーとして、スタッフ教育に携わる
2015年8月
アトリエの仕事を兼務。人員管理や採用など、運営にも携わる
※アトリエの仕事:大切な結婚式当日を彩る大切な衣装だからこそ、最高の状態でお届けするための日頃の修繕(メンテナンス)のお仕事。

― 入社動機 ―

大学の頃に参列した姉の結婚式でとても感動し、結婚式の魅力を知りました。自分もこんな素敵な結婚式のお手伝いができる仕事をやりたいと思うようになりました。そんな中参加したLIVE LOVE LAUGHの説明会で、人の魅力をとても感じました。皆様の笑顔や説明会での映像を通して、働く皆様がとても輝いて見え、一緒に働きたいと心から感じたのがきっかけです。また、面接の回を重ねていく毎に、スタッフ皆様の人柄に触れ、LIVE LOVE LAUGHのことがどんどん好きになり入社を決めました。

ページの先頭に戻る

本ウェブサイトはJavaScriptを使用し構築されています。
JavaScriptがご使用になれない環境やJavaScriptを無効にしている状態では本ウェブサイトが正しく表示されない場合がありますのであらかじめご了承ください。