People > ドレススタイリスト 内田 亜紀

【写真】内田亜紀

Dress Stylist

内田 亜紀Aki Uchida

2013入社 / ドレススタイリスト

幼稚園から習っていたバレエの衣装や、ピアノの発表会の時に着たドレスなど、小さい頃から可愛いものやキラキラしたものが大好きだった、と話す彼女は結婚式という一生に一度のドレスに関わる仕事がしたい、という想いからドレススタイリストになることが夢に。
学生時代、ブライダルプロデュースグループにてアルバイトをしたことをきっかけに、LIVE LOVE LAUGHの“スタッフもお客様も家族のように想う”という「Family way hospitality」のポリシーを知り、「ここでなら自分の接客でお客様を幸せに出来る」と確信して入社を決意。
“私にしかできないスタイリングをご提案したい”
そう話す彼女は、誰よりもキラキラと、お客様に幸せな時間を提供している。

Work Scene 1接客

私たちが寄り添うべきことは、
お客様のドレスの好みだけではなく、様々な想いや考え。

ご新婦様の表情が“きらっと輝く”瞬間が必ずある。
きっと、ドレスを身にまとうことで、結婚するという実感が高まるからだと思います。

結婚する嬉しさ、お体の悩み、彼や親御様への想い。
私たちがドレスをご提案する際に寄り添うべきことは、
お客様の好みだけではなく、様々な想いや考えです。
そんな想いを共有させていただきながら運命の一着をお客様と共に探していきます。

そのときに連れ添っていらっしゃった、親御様が感極まって涙されるシーンも。
そんなシーンに立ち会える仕事に感謝で満たされます。

【写真】接客風景

Work Scene 1トータル
コーディネート

日本中の花嫁様を
もっと笑顔に、もっと綺麗にしていきたい。

LIVE LOVE LAUGHのドレスサロン内には、フラワーショップがあります。
それは、ドレスだけではなく、花嫁が美しく輝くためのすべてをお手伝いしたいから。
LIVE LOVE LAUGHは、ヘアメイクや小物、お花も含めて、
花嫁の一日をトータルスタイリングします。
それは、花嫁さまをもっと笑顔に、もっと綺麗にしたいから。

【写真】接客風景

Work Scene 1撮影

世界中から集ったドレスにワクワク。

ミラノ、パリ、ニューヨーク、バルセロナ、ロンドン・・・と
一目みた瞬間から心がきゅっとなるような、美しい作品を世界中から集めてきたインポートドレス。
そして、プロデューサー自身が日本の花嫁様をもっと幸せにするために手がけたオリジナルドレス。

新作ドレスが入ったBOXを開ける瞬間、
そして、ホームページやパンフレット掲載のためにドレスを着つけて撮影する瞬間のワクワクは
何度経験しても最高です。

どの会場に、どんな新婦様に合うかな・・・妄想が膨らみます。
ドレスにニックネームをつけることも。それほどドレス一着一着に愛着があります。

【写真】撮影の様子

Work Scene 1コンセプト
ショップ

結婚式後、いつでも帰ってこられるショップを作りたい。

LIVE LOVE LAUGHの幸せのお手伝いは結婚式当日だけではありません。
結婚式が終わった後も、様々な場面で幸せのお手伝いができるよう
コンセプトショップとしてお客様の傍にあり続けたいと思っています。

お客様との繋がりは結婚式後の様々なシーンへと続きます。
私たちスタイリストとしても
お客様とまたお会いできる瞬間がかけがえのない時間です。

【写真】サロンでの様子

― 経歴 ―

2013年4月
新卒入社 タキシードスタイリスト配属
2015年5月
ドレススタイリスト配属
2016年2月
ベストパフォーマンス賞受賞
2016年9月
ユニットリーダー就任
2017年9月
チーフスタイリスト就任
2017年9月
表参道店立ち上げプロジェクトメンバー就任

― 入社動機 ―

昔からバレエを習っていたこともあり煌びやかな衣装が大好きだった。アパレルの経験もありブライダル業界へ進むならドレススタイリストとして挑戦したいと決めていた。花嫁様のドレス選びは夢のような時間で、さらにその時間もお手伝いをできるドレススタイリストに心から憧れた。そしてさらに転職する際に目標としていたのが買付に携わること。どこにでもあるものではなく良いと思ったドレスをいつか自分の目で見て選びたいと夢を持っていた。リブラブラフでは明確に目標を持って働けることや様々なことにチャレンジできることを知り入社に至った。

ページの先頭に戻る

本ウェブサイトはJavaScriptを使用し構築されています。
JavaScriptがご使用になれない環境やJavaScriptを無効にしている状態では本ウェブサイトが正しく表示されない場合がありますのであらかじめご了承ください。